安全・品質・取組み

次の世代のために、わたしたちができること CO2を削減するなど環境に優しい 運輸・物流を目指しています。東洋陸運では、かけがえのない美しい地球を次世代に贈り渡すため、環境保全に配慮しています。

安全への取組み

1
飲酒運転等の厳禁
酒気帯び・飲酒運転又は覚醒剤の使用は絶対行わない。飲酒の際は残留アルコールにより翌日酒気帯び運転となることのないよう飲酒量及び飲酒時間に十分注意します。
2
歩行者等の保護
歩行者及び自転車利用者の安全を確保する。危険が予測される場合は減速運転を励行するとともに、夕暮れ時と夜間時の走行には特に注意するよう徹底します。
3
交差点における事故防止
交差点での右左折時は安全を十分確認し、必ず徐行するとともに、特に子供と高齢者の歩行者や自転車利用者の通行に十分注意します。
4
違法駐車の禁止
貨物の積みおろし時間の短縮化、効率化を図り、荷主等関係者にも協力を依頼し違法駐車対策を推進します。
5
運転マナーと技量の向上
運転者は人及び他の通行車輌に配慮した運転を心がけ、交通法令等を熟読理解するとともに、当該車輌取扱説明書に基づく正しい車輌の取扱に習熟し、安全運転の確保を念頭において運転します。
6
運輸安全マネジメントの導入促進
輸送の安全確保が最も重要であるという意識を経営トップから現場の運転者まで浸透させるため、運輸安全マネジメントにより絶えず輸送の安全性の向上に努めるよう安全意識の高揚を図ります。

環境に配慮した企業活動

1
不要なアイドリングをやめる
荷待ち、休憩等でのアイドリングを止めます。
2
発進・加速はゆっくりと
省エネ運転のポイントは「アクセルを踏みすぎない」ことと心得、急発進、急加速を止めます。
3
空ぶかしはしない
騒音や大気汚染の原因になり無駄に燃料を消費する「空ぶかし」を止めます。
4
定速運転を心掛ける
アクセルペダルを踏んだり戻したりする波状運転は多くの燃料を消費します。アクセルペダルを一定にし、定速運転を心掛けます。
5
減速には惰行運転を利用する
早めにエンジンブレーキを使って惰行運転で減速しながら、最小限のフットブレーキをかけ、省エネ運転に努めます。
6
高速走行では車速を抑える
高速で走るということは、風の抵抗に打ち勝って走ることです。このため、車速を抑えて消費燃料の削減に努めます。

高品質なサービスの提供

1
お客様への奉仕
製品を届ける仕事を通してお客様に接することは、会社を代表する重要な仕事と認識し、笑顔とあいさつを忘れずに感謝の気持ちでお客様に接します。
2
お客様の期待に応える
運転者は、迅速・的確・丁寧にお客様に接し、良い製品を正確に届けることを心掛けます。
3
身だしなみ
お客様に接する時は服装や身だしなみを清潔にし、荷主の最先端で働く営業マンであることを常に忘れず職務にあたります。

認証・取得・取組み

Gマーク制度

Gマークとグリーン経営の認定証

運輸事業部と3PL事業部の各営業所では、 トラック運送事業者の安全・安心、信頼の証である「Gマーク」を取得しています。
取得:名古屋営業所、美濃加茂営業所、伊万里営業所、京都営業所、関東営業所、鹿
島営業所、富士営業所

ISO9001

ISO9001 登録証

3PL事業部 住宅物流部の京都営業所では、品質マネジメントの国際規格である 「ISO9001」を取得・維持しています。
取得:京都営業所

グリーン経営認証

G_nagoya

グリーン経営は、環境負荷の少ない事業運営を目指すものです。東洋陸運は、自主的
で継続的な環境保全活動を行っています。運輸事業部の4営業所は、グリーン経営認
証を取得し、維持しています。
取得:名古屋営業所、美濃加茂営業所、伊万里営業所、福岡営業所

取組み

CSRの取組み

業務の合理化による省エネの推進、雇用機会の拡大などを通じて、CSR(企業の社会的責任)を果たすとともに、災害発生時などの運送事業に対する社会的なニーズに即応できる社内体制を構築してまいります。

デジタコメーターの活用

運輸事業ではCO2削減のためデジタルタコメーターを活用して、安全で燃費のよい運転を実現。また、3PL事業でもエネルギー効率のよい物流のあり方を追求するなど、会社をあげて積極的に取組んでいます。

 

PAGE UP